任意整理してもクレジットカードは作れるの?|調べてみた結果

任意整理してもクレジットカードは作れるの?|調べてみた結果

任意整理してもクレジットカードは作れるの?|調べてみた結果

任意整理をすると一生クレジットカードが作れないと思っていませんか。
実はそうではありません。
任意整理は債務整理の中の一つの手段ですが、自己破産や個人再生とは違って裁判所を通じない債権者との和解交渉ですので官報には自分の名前や住所が掲載されません。
自己破産などをした場合には最低でも10年は官報の情報が保有されますので10年間はクレジットカードが作れなくなりますが、任意整理の場合は10年以内に作れます。
ただ金融業界で共有している信用情報にブラックとして掲載されるために5年間クレジットカードが作れなくなるのです。
どうしてもすぐに作りたい場合には方法があります。
一つはデビットカードを作ることです。こちらは銀行の残高分しか使えないカードですので一般的なクレジットカードのような厳しい審査が無いのです。
他にも家族カードを作るという方法があります。
これは本契約をしている人の収入で審査するために自分に事故情報があっても構わないのです。
本契約をしている人とあまり変わらない特典があります。
あと任意整理といっても過払い金により全ての借金をゼロにした場合には金融事故になりませんのでブラックリストに掲載されず、すぐにカードを作ることができます。
これらの方法が使えない場合でも絶対に怪しい業者からは借金をしないようにしてください。
せっかく借金の問題が解決されたのにも関わらず再び借金をするとまた地獄の生活に落ちてしまいます。