任意整理のデメリットは何ですか?※借金問題お悩み相談室

任意整理のデメリットは何ですか?※借金問題お悩み相談室

任意整理のデメリットは何ですか?※借金問題お悩み相談室

任意整理は弁護士や司法書士の専門家に依頼して債権者(貸金業者)と交渉してもらうことで借金の利息を免除にしてもらう手続きです。
借金を返済できなくてお悩みの方にとっては、自己破産をせずに債務額を大幅に減らすことができ、生活再建に結びつけられるので、メリットのほうが多い手続きといえますが、デメリットも少なくありません。

まず、任意整理では弁護士や司法書士に依頼する必要があるので、彼らに報酬を支払わなければならないというデメリットがあります。
弁護士・司法書士事務所に依頼すると交渉する債権者が多いほど費用負担が大きくなりますが、多くの弁護士・司法書士事務所では費用の分割払いも受け付けているので、毎月無理のない額で支払うことも可能です。
また、任意整理でも連帯保証人がいる場合には保証人に督促が行ってしまうというデメリットもあります。こうした問題は連帯保証人の任意整理を一緒に行うことで回避できるので、事前に弁護士・司法書士にしっかりと相談しておくことが大切です。

一方、任意整理は個人再生や自己破産のように裁判所を通さない手続きですが、やはり借金を返済できなくなったという事実は金融機関の融資やクレジットカードの作成などの審査の際に参照される信用情報機関のデータベースに残るので、この情報が残っている期間は、新たにクレジットカードを作成したり、ローンを組んだりといった借金に関わる行為が一切できなくなるというデメリットもあります。
一般に、任意整理の関する信用情報機関の情報は約5年間保存されることになっているので、この期間が過ぎるまでは借金の返済に専念して生活再建を進めましょう。